男女別の恋愛

憧れのイケメン上司に片思いした結果

私は25歳、専業主婦をしています。

大学を新卒で入った会社は、女性社員が1%ほどしかいない体育会系の営業職でした。もともと自分が男っぽい性格でもあり、むさ苦しい男社会でバリバリのキャリアウーマンになるのが夢だったので、ここで頑張ろうと心に決めていました。

 

【イケメン上司との出会い】

カップル2

朝礼での全体挨拶を終え自分の席につくと、隣に座っていた主任が挨拶してくれました。第一印象は、一言で「イケメン」。

 

中性的な顔立ちをしていて、こんな男ばかりのタバコ臭い会社には似つかわしくない人だと思いました。振り返ってみると、私はこの時点ですでに恋に落ちていたのだと思います。

 

【毎日がデート】】

新人は皆、始めは先輩とペアになって仕事をします。私はなんと、主任とペアを組むことになったのです。嬉しいけど、きっと仕事のことで怒られたりするんだろうな、という不安とで胸がいっぱいでした。

 

いざ外に出てペアで営業をしていると、まぁ楽しくてしょうがない。空いた時間はカフェに入って話したり、遊園地、海、ショッピングモールなど、仕事で近くに行かなければならないのに、私は勝手にデート気分を味わっていました。

 

【知りたくないこと】

ある日、主任ではなく課長とペアにならなければならない日が1日ありました。正直残念に思っていましたが、課長は主任と長い付き合いです。主任の詳細について知れるチャンスだと思いました。そこで、「彼女と数年間同棲している」ということを知ってしまいました。

 

イケメンだし彼女がいるなんて普通のことだろう、と思うのですが、心が勝手にショックを受けているようでした。数年間同棲とは、もう結婚なんかも考えているのだろうか、と考えてもどうしようもないことが頭をぐるぐるしていました。

 

【突然の告白】

別に、私が勝手に想っていただけです。いつものようにペアで仕事もしたし、カフェでお茶もしました。切ないけれど、楽しい時間であることに変わりはありませんでした。

ですが、その時は突然やってきました。主任と二人で居酒屋にいた時のことです。
「付き合わない?」


なんのことか全くわからず、はい?と平然と聞き返します。どうやら私たち、という意味だったようでした。彼女はどうしたのか、なんで私と付き合おうと言い出すのか、そもそも私を好きなのか?いろいろなことが頭に浮かびましたが、結局なにも考えられずに「いいんですか?」と言っていました。

 

そのときを振り返ると、目をまん丸にして1分間止まっていた、と主任に笑われるネタとなってしまいました。今では主任は、私の主人です。

 

姉妹サイトをご紹介

出会系アプリ無料でサクラなし!本当に出会えるか検証してみた