学生時代から5年間つきあった彼氏との体験談

5年付き合った過去の恋愛話

40代の女性です。
19歳の時から5年ほどお付き合いした彼との話です。

 

「彼とつきあうきっかけは…」
彼は、大学時代の同級生でした。
大学時代、数人のグループでいつも一緒に行動していて、
彼とは友人のような関係でした。


だから、告白されるまでは全く男性として意識した事もなく、
彼女がなかなか出来ないというので、友人を紹介してあげたほどでした。
ところが、ある時、いきなり彼から告白されたのです。


「ずっと、好きだった」と…。
しかし、いきなりの予想外の告白に、友人関係を崩したくなかった私は断ってしまいました。
ところが、その後、私の方が彼の事が気になって仕方なくなってしまったのです。
意識しだしたら、最後、彼を常に目で追うような状態に…。
そして、最終的には、「まだ、間に合うなら…」と私からの告白となりました。

 

「付き合い始めて…」
無事に、彼に受け入れてもらい、おつきあいが始まりました。
学校が一緒だという事もあり、周りも公認のつきあいです。
友人関係から始まったので、特に取り繕う事もなく、とても居心地の良い関係でした。
デートも友人達と一緒に過ごした後、家に泊まったりといった感じで、
お互いに気を使う必要もありませんでした。
かなりの時間を一緒に過ごしていました。

 

「社会人になり、環境の変化が…」
そして、お互いに就職先も決まり、社会人になっても変わらずに、関係は続いていました。
ところが、彼の方がだんだんと仕事が忙しくなり、新しい輪も出来つつありました。
それが、社会人サークルです。


もともと、彼は多趣味だったので、学生時代から色々な事をやっていました。
学生時代は、その仲間は私の知っている人だったのですが、
社会人になると、会社の新しい輪が出来たようです。
私がそこに入っていく事は出来ません。


そこに彼が参加するようになり、会う時間がガクッと減ってしまいました。
そして、私の不満が爆発してしまったのです。
彼と会う時間がかなり減ってしまったので、


「私と会う時間を増やしてもらえないなら、別れたい」と伝えたのです。
そう言ったら、少しはわかってもらえるかと思ったのですが、
答えは、「趣味の時間は減らせないから、仕方ない…」との事でした。
そして、別れが訪れてしまったのです。
その時は、本当に毎日毎日、泣いていました。

 

「今、考えると…」
今になって思えば、もう少し、違う不満のぶつけ方があったのかなとも、
結局、別れは避けられない事だったのかなとも、色々と考えます。
その後も、他の男性とおつきあいはしましたが、彼とが一番充実していたと感じています。
今は、彼を超えるような男性と出会える事を願って、恋愛をしています。